読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

101%メモ

幾原邦彦作品等について語るブログ

一年間を振り返る(昨年末~)

2012年も終わりになろうとしています。

去年の12月23日は「輪るピングドラム」の関東TBS最終回の日でした。

早いものでもう1年。
この一年のピングドラム・ウテナ関連の出来事を整理してみます。

 

昨年末(2011年末) 

12月18日(日) 大こそピン祭

阿佐ヶ谷LOFTでこっそりピングドラムの公開録画が行われました。

こっそりピングドラムとは、ピングドラムの本放送が行われていた2011年の初夏から年末にかけて毎週木曜日に放送されていたUSTREAMの番組。司会を小泉豊さん脚スタントを岩崎愛さん、ゲストに幾原監督や池田Pをはじめとするピングドラムのキャスト・スタッフの方が登場し、裏話を語ってくれました。根強い人気があったものの惜しまれつつ終了。

この大こそピンは、ピングドラムの最終回の放送直前に行われたこともあり、異様な熱気に包まれていました。

 f:id:yuuki101Percent:20121216234900j:plain 

 f:id:yuuki101Percent:20121216234856j:plain

 

f:id:yuuki101Percent:20121223163209j:plain

当日は二部構成になっていて、前半はUSTREAMで放送されました。

会場にいる全ての人が、ピングドラムの世界に深く入り込んでいた時期だと思います。

後半の最後には幾原監督がサプライズ登場し、観客の中には感極まって泣いてしまう人たちもいました。声援と歓声の大きさは他の登壇者の誰よりも大きかったかもしれません。

自分も初めてみる監督の存在感に圧倒された記憶があります。

 

12月21日 トリプルHアルバム発売

後期EDとなったARBのカバー曲をあつめたアルバム。

ARBは名曲が多いらしいので、続編を待つ声もよく聞きます。

ピングベアではトリプルHの再登場はあるのでしょうか。

輪るピングドラム キャラクターソングアルバム

 

12月22日26時9分 関西MBSで最終回放送

自分は関東クラスタなので、ネタバレ防止のために関西での放映が始まる少し前にネットから離脱しました。

 

12月23日26時54分 関東TBS最終回放送

同時刻に最終回オールナイトイベントが、池袋のシネマサンシャインで開催されました。

放送終了後は多くの感想がツイッター等に投稿され、賛否両論の議論や考察は年があけてもしばらくの間続きました。

 

12月25日(日)トリプルHのトークショー&握手会(秋葉原GAMERS)

トリプルHの3人は「灰色の水曜日」を歌ってくれました。

ツイッターのフォロワーさんが偶然にも隣の席で驚いたのと、池田プロデューサーのトークがとにかく面白かった記憶があります。

 

まとめ

一年前のことといっても、書き出してみると記憶が薄れていることに気づきます。

このまま一気に2012年の分まで文章として記録しておこうと思います。